今まで経験したことや感じた事

menu

私の旅とimagination

She passed like a dream in her own private world.

  • 2022
  • She passed like a dream in her own private world. はコメントを受け付けていません

She was free. No longer did she have to support both sides of the broken arch.

She was free to play and frolick between the sun’s rays and the shadows of the clouds, with certainty in her right hand and certainty in her left.

This was her only limit. She passed like a dream in her own private world.

彼女は自由だった。壊れたアーチの両側を支えていなければならないという必要はなくなった。右手にも確信、左手にも確信を擁しながら、太陽の光と雲の影との間に彼女は自由に遊び戯れていた。これだけが彼女の限界だった。自分だけの世界の中で夢のように過ぎていった。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728